簡単な方法で予防

見えないところも隈なくチェック

妊娠してだんだんと膨らんでいくお腹、愛おしさはかけがえのないものだけど女性なら誰もが気になる妊娠線。できるなら、綺麗なお腹のままで出産に臨みたいですよね。 なのでこれから妊娠線の予防についてお話したいと思います。まず、妊娠線の予防法は「急激な体重増加を防ぐ」ことと、「保湿すること」が大事です。始める時期は、安定期に入り少しずつお腹が大きくなってきた頃から開始する人が多いようです。毎日、お風呂あがりにお腹まわりや乾燥が気になる部分にクリームを塗って保湿することが大切です。ここで注意するのが、お腹が大きくなってくると自分では見えない部分がでてくることです。目が届かない部分にクリームを塗っていなくて出産後に妊娠線に気づく方もいらっしゃるので、見えないところも隈なくチェックして予防に努めましょう。

高級な専用クリームでなくても身近なもので代用できる

妊娠線を予防するには、専用の妊娠線予防クリームを買わなくっちゃと思いがちですが他の物でも代用できるのをご存じですか。 大事なのは「保湿すること」なので保湿が出来ていれば大丈夫なのです。なので、ごま油やオリーブ油でも代用できるし、専用の物でなくても普通の保湿クリームでも十分予防できるのです。ただ、妊娠中は肌が敏感になり刺激に弱くなったり肌質も変わってくるので、まずは少量から試してみることをお勧めします。また、ごま油で代用するなら普通の茶色いごま油ではごまを煎って絞ったものですので、独特の香りが妊娠中は苦手になる方もいらっしゃると思います。そんな方には、無色無臭の太白ごま油が使いやすいのでお勧めです。妊娠線を予防しながら、お腹の赤ちゃんとのリラックスタイムを是非楽しんで下さい。