お肌の衰え

しわやたるみの原因について

25歳はお肌の曲がり角とも言われているように、このくらいの年齢からどんどん肌は衰えていき、しわやたるみが起こってきます。 肌の潤いがなくなってきてハリや弾力が徐々に失われてくるのは、肌のコラーゲンが少なくなっていくからです。 肌の真皮層の約7割を占めているコラーゲンは20代を境に減少していき、肌の潤いやハリを保てなくなってしまいます。 たるみやしわをケアしていくためには、肌内部のコラーゲンを増やす化粧品を使うのが効果的です。 ナノ化されたコラーゲンが配合されていたり、コラーゲン生成を高める成分が配合された化粧品が最適です。 また、角質のターンオーバーも日に日に遅くなってくるので、しっかりと保湿をしてターンオーバーを高めるようなケアも行っていきましょう。

ハリアップに有効な成分について

肌のハリ不足がしわやたるみなどの肌の衰えを招いてしまうので、ほうれい線の目立ちや目尻の小じわ、フェイスラインの緩みなどのエイジングサインが出始めたら、ハリをアップしてくれる化粧品を使うのが大切です。 有効な成分にはいくつかのものがありますが、一番知られいてるのがビタミンC誘導体です。 美白効果でシミの元であるメラニンの生成を防いでくれて、コラーゲンの生成を高めてくれます。 また、肌老化の原因でもある活性酸素を押さえ込む力を持っています。 そして、肌の潤いも失われてきますから、高保湿の化粧品を使うのが良いでしょう。 中でも、肌の表面の保湿に重要な役割を果たしているセラミド配合のものがおすすめです。 水分が蒸発するのを抑えてくれて、有害なものが肌に入らないようにガードしてくれます。